人気ブログランキング |

カテゴリ:◇旅行(中国)( 7 )

これぞ本場の麻婆豆腐 (成都)




b0172211_1032585.jpg
              


昨夜の余波で、午前中の成都市内観光はキャンセル。 

昼食は、四川料理の老舗 陳麻婆豆腐 

本場の麻婆豆腐を食べに行きました。








b0172211_1031352.jpg


麻婆豆腐 


唐辛子の辛さに加え、山椒がたっぷりで、ぴりぴり。 

地元の人はお料理にとにかく山椒をたくさん使うそうです。






b0172211_1034268.jpg
  

1階は地元の人で賑わい、

2階はツアーの予約客がたくさん来ていました。






b0172211_1035178.jpg


四川省の料理 

この地方のお茶は、笹の葉のような形の緑茶が多く、

きりりと爽やかな飲み口。

発酵茶は、ほとんど見かけません。 






b0172211_111977.jpg

午前中少し時間があったので、ホテルの周りを散歩しました。 

㊧㊤宿泊したウォーターホテル 

㊥㊧お茶屋で緑茶を買いました 

㊥㊨餃子屋  

㊦㊧揚げもの屋 

㊦㊨成都の街





食事の後は空港へ向かい、

ここで三日間お世話になったリウ君とお別れ。 

今年、日本へ旅行に行く予定だったのが、

震災の影響でで延期になったとのこと。 

流暢な日本語は、

大学時代、夜間の語学学校に通い習得したようだ。 

すごい! わたしも頑張らないといけないわ。 




今回の九寨溝は、飛行機が遅れ、

人一倍標高の高い所が苦手な私にとって過酷でしたが、

これだけ美しい景色が見られたのですから、行ってよかったです。 

子供たちもたくさん来て観光を楽しんでいたのを見ると、

きっと普通の方は、大丈夫なのでしょう。 




帰りのバンコク行きのTGがまたまたトラブル。

 離陸前、機械系統の故障で、

エアコンの効かない機内で1時間待たされ、汗だく・・。 






最後まで運が悪かった。    












by mimpian | 2011-08-14 00:00 | ◇旅行(中国)

空港でのハプニング (九寨溝→成都)



b0172211_104357.jpg


九寨黄龍空港

観光を終え、車で空港近くの村へ移動。 

行きは車酔いがひどかったので、ゆっくり走ってもらい

チベット族の村やお店を左右に見ながら何とか村にたどり着き、

レストランで夕食を済ませてから九寨黄龍空港へ。



意識しすぎか、標高3500mと思っただけで、頭痛が始まります。





b0172211_10432062.jpg


チェックインを済ませ、この時点では、

20時50分定刻発?かなと思っていました。






b0172211_10434085.jpg


ところが、成都空港の天候が悪く離着陸ができず、

乗る予定の飛行機がまだ成都に。 

九寨溝からの一つ前の便も乗客を乗せたまま、

スポットで待機中。 

いつになったら戻れるのか・・・。 





リウ君は、その都度状況を説明に来てくれますが、

だんだん寒くなり、

遅延が3時間となったころ、毛布とお弁当が配られました。 




私は、ひたすら眠ろうと努めましたが、

夫は夕食を済ませていたのにお弁当までたいらげ、

「真っ赤なウインナーおいしかった」って・・・。

 もうこうなったら尊敬ものです(笑)





b0172211_10435768.jpg


夜中の1時半頃、ようやく成都から飛行機が到着。 

これで戻れるのかと起き上がった矢先、

「搭乗口で中国人が集まってケンカしています」・・・と。

理由は、これだけ遅れているのに

航空会社のスタッフが謝らないということらしのですが、

待っている間に子供を含め4人が高山病で病院へ運び込まれ、

その人たちをどうするか言い争っているというのです。 



日本からのツアーの添乗員さんが

「巻きこまれたら大変だから日本人はこちらへ・・・」と案内してくれ、

私たちも便乗して離れて待っていました。 


夜の夜中に、

しかもこんな標高の高い所で

中国の人たちは大声をあげて元気そのものです。  





夜中の2時過ぎ、

日本からのツアーの中国人ガイドが交渉して、

日本人全員が先ず機内へ誘導されました。 

ケンカは収まったのか、

その流れに乗って他の乗客も次々に乗って来て、

定刻より5時間半遅れで離陸。 

午前3時に成都空港に到着。





b0172211_1044993.jpg


成都空港 

荷物を待っていたら、ここでまたハプニング。 

全員荷物を受け取ってし~んと静まり返っているのに

リウ君のリュックが出てきません。 


結局手違いで前の便に乗せられていたようで、

係員から受け取ってホテルへ向かいました。 



チェックインが朝の4時過ぎ。 

眠りに着いたのは5時で、長い長い一日が終わりました。





【memo:空港近くの村での食事】


b0172211_1044192.jpg

品数は多いのですが・・・。

夫がビールを注文したら「標高高いですよ・・」と

リウ君にたしなめられました・・笑。 


でも「一本だけ」









by mimpian | 2011-08-13 00:04 | ◇旅行(中国)

観光のハイライト (九寨溝③)



b0172211_187339.jpg


「鏡海」を見た後、午前中最後の観光は

レストハウスにほど近い諾日朗瀑布(だくにちろうばくふ)

海抜2365mのところにある滝。 

高さ25m、幅320mと2番目に大きな滝。 


気温が上がり、半袖でもいいくらいの気候に。 

正直なところだんだんと疲れてきました。

お昼ご飯を食べ、ゆっくり休んだ後は、

「五花海」と並んで観光のハイライト「五彩池」へ。







b0172211_1875889.jpg


五彩池(ごさいち) 

海抜2995mにある海子で、

最深部6.6m、面積5645mと小さな湖だが、

湖水の底の石まで見えるほど透明度が高く、

水の色はまるで海のようなアクアブルー。 






b0172211_188938.jpg


一番大きな湖「長海」から歩いていくと、

木の隙間からこのブルーが見えてきます。 

思わず歓声が上がるほど美しいブルー。

(まさか、バスクリンじゃないですよね・・笑) 

風が吹いて湖面に模様が出来ています。





b0172211_1883924.jpg



長海についで大きな海子「犀牛海」、

上から見ると虎の形に見える「老虎海」、

太陽の光を受け水面に火花が散っているように見える「火花海」・・・。 

バスで途中下車しながら写真だけを撮って移動しました。






b0172211_1885699.jpg


チベット族の村 


村のいたるところに旗が掲げられ、

建物の壁面もとてもカラフル。 

コスモスがたくさん咲いていました。




b0172211_1897100.jpg
  

その昔、建物1階部分は家畜小屋だったが、

今はすべて土産物屋になっている







b0172211_19274762.jpg


盆景灘(ぼんけいなだ) 


満員のバスを乗りついで、最後にやって来たのは、

川の中にまるで盆栽が植えられているような水墨画の世界。 

その後、来た道を入口まで戻りました。







【memo:レストハウスでの昼食】


b0172211_189521.jpg


諾日朗観光客センターのレストランでビュッフェ形式の昼食をとりました。 

㊨㊤お料理は中華料理やヤクの肉を使った郷土料理 

㊧㊦地酒






九寨溝は山なので、

シェラトン以外のところで食べる料理はおいしくない?と

ガイドのリウ君は言っていましたが、

どれもおいしくて、たっぷり頂きました。 

味覚がおかしいのかしら・・・(笑)











by mimpian | 2011-08-13 00:03 | ◇旅行(中国)

神秘的な湖・真珠の滝 (九寨溝②)



b0172211_7424194.jpg



五花海(ごかかい) 


海抜2471m地点にある深さ5mの湖(海子)。 

少しバスで移動したら神秘の湖に到着です。

この色に魅了されます。







b0172211_743274.jpg


湖底にはマグネシウムや銅などを含んだ石灰物質が沈澱し、

多くの種類の藻が生えていることから

この微妙な色彩を生み出している。







b0172211_7431144.jpg
          
近づくとたくさんの魚が泳いでいるのが見える。







b0172211_835490.jpg

珍珠灘(ちんじゅなだ) 


亀裂の大地の上に大量の堆積物が集まり、

底に石灰化した突起ができる。

その上を流れる水は鱗波紋の形を呈する。  








b0172211_7433551.jpg


       
太陽の光が反射してまるで真珠が流れているように輝く。






b0172211_8352144.jpg
       

森林の香りが満ちています。 

マイナスイオンがいっぱい・・・。







b0172211_8361838.jpg


珍珠灘瀑布(ちんじゅなだばくふ) 


珍珠灘からの水がここで流れ落ちる。 

最大落差40m。 

滝の下には酸化カルシウムが付着している。


森林浴をしながらしばらく森の中を散策。







【memo:環境整備】


b0172211_96331.jpg


㊧㊤景勝区内はすべて木の歩道が整備され歩きやすい 

㊨㊤鉄製のガードレールには、

木に見立てたコンクリートのカバーを設置。 見た目も配慮 

㊦㊧きれいなトイレ・・扉は木製で彫刻まで施されている 

㊦㊨洗面所 






区内の歩道にゴミが落ちていないのは、

チベット族の係員が100mごとに分担し、

掃除を行っているからで、

喫煙に関しては、高額の罰金が課せられる。 



人気の峨眉山や他の世界遺産は、

ゴミがいっぱいで、ここまで整備されていないようです。 













by mimpian | 2011-08-13 00:01 | ◇旅行(中国)

長い1日の始まり (九寨溝①)




b0172211_20264192.jpg
             



8時にホテルを出発して車でほんの2、3分で

九寨溝の入口に到着です。 




正式名は、九寨溝国家級風景名勝区。 

720㎦の広さを持つ景勝地で

そこには100を超える湖や湿地、滝などが点在し、

透明度の高い水面に周囲の風景が映える様子が美しい。 

名前は、峡谷沿いにチベット族の暮らす小さな集落が

九つあったことに由来する。






(歴史)

標高2000~4500mの山に囲まれており、

住民以外立ち入ることも稀な地域だったが、

1960年頃から徐々に調査がすすみ、

1975年専門家によって自然の素晴らしさが伝えられる。  

1978年自然保護区に、

1984年九寨溝国家級風景名勝区に、

1992年ユネスコ世界自然遺産にそれぞれ登録。









b0172211_2027072.jpg


観光シーズンでたくさんの観光客が訪れていました。 

日本からのツアーも来ています。


景区内の移動はすべて環境面を配慮して、

専用の乗り合いバスで。

          


b0172211_20272716.jpg

出発地は並ぶレーンがあったので快適でしたが、

途中のバス停では、乗車する時、並ばないし、

下車する人待たずに乗り込む・・・。

これには参りました。 (-_-;)



リウ君が前の人が減ったころで、

「次に乗りましょう、負けないでください!」と声をかけてくれ、

来たバスに乗ろうと頑張るのですが、

前から降りて来る人に押され、後ろから乗る人に押され、

もう、大変・・・。 




気を取り直して、最初の景勝地へ到着。





b0172211_20321866.jpg


箭竹海(せんちくかい) 


海抜2618mの地点にある深さ6m、広さ17万平方㎞の湖

(4000年ほど前の氷河の消失によって生まれた「海子」という堰止湖の一種)。

パンダの好物箭竹が生い茂ることからこの名がついた。 







b0172211_20282722.jpg


熊猫海(パンダかい) 


平均水深14m。 

湖は広く澄んでいて、魚が泳いでいるのが見える。 

以前はここでパンダが水を飲む姿が見られたので、この名前がついた。






b0172211_20342423.jpg

箭竹 


何年かに一度花が咲くとすべて枯れてしまい、

それと同時にパンダは竹を求めて別の場所に移り住む。







【memo:九寨溝の植物】


b0172211_9222037.jpg
                 











by mimpian | 2011-08-13 00:00 | ◇旅行(中国)

標高3500mの空港 (成都→九寨溝)

b0172211_10465765.jpg



成都空港 

成都に降り立つと、ガイドの漢族の青年リウ君が出迎えてくれた。 

スルーで最終日まで3人での旅となります。 


乗り継ぎの待ち時間が4時間半。 

空港内を探検したり、

上島珈琲で高価なコーヒー(さっそく青島ビールも・・・)を

飲んで過ごしました。






b0172211_10471871.jpg


チャイナエアラインは予定より1時間遅れで離陸。 

約45分で九寨黄龍空港に到着。






b0172211_10473970.jpg


標高3500mの九寨黄龍空港 

富士山頂より高い所にある空港で、

降りた途端、足元がふらつき、頭痛が始まりました。 

ここでチベット族のドライバーさんが迎えに来てくれ、

ホテルまで向かうのですが、

ホテルの夕食は夜の10時まで。 

急がないとぎりぎりです。


容赦なく曲がりくねった山道を猛スピードでどんどん下っていきます。 

軽い高山病に車酔いも加わって、

体調は最悪、苦しかった~。





b0172211_10475438.jpg


日中35度を記録した成都とは違って、寒~い! 

ターミナル内に防寒着を売るお店があります。






b0172211_10481865.jpg


シェラトン九寨溝リゾート 


何とか10時1分前にホテルに滑り込み。 

一番ホットしていたのはリウ君で、

「入りさえすれば大丈夫。 ゆっくり食べて下さい」と。 

せっかくのビュッフェ形式の夕食でしたが、

わたしは何も食べられず。 


夫は普段と変わりなく元気で、しかも食欲旺盛。 

荷物を出してくれたり、

水を飲ませてくれたりと献身的にお世話してくれたおかげで、

翌朝は元気を取り戻すことができました。 


ホテルの標高は2200mくらいなので、体はかなり楽です。

(太極拳をしている人々㊤㊧がいました。中国ですね)













by mimpian | 2011-08-12 00:01 | ◇旅行(中国)

初めての中国




b0172211_2235695.jpg




三連休を利用して、「九寨溝」へ行って来ました。




九寨溝(きゅうさいこう)は中国四川省北部の

アバ・チベット族チャン族自治州九寨溝県にある自然保護区。

1992年ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されています。






b0172211_224594.jpg


バンコクから飛行機で2時間40分。 

先ずは、四川省の成都に到着です。 

美しい風景に感動した反面、

ハプニング続出の旅でした。









b0172211_2242553.jpg


【memo:中国(四川省)のビール】
















by mimpian | 2011-08-12 00:00 | ◇旅行(中国)


水があれば魚がいる。どこに住んでも、そこには こころの糧がある。ジャカルタ、クアラルンプールを経て、2010年5月バンコクへ。日々のあれこれを綴っています。


by mimpian

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
☆家族のあれこれ
・・・バンコク転勤
・・・本帰国
☆我が家のごはん
☆夫のお弁当
☆手作りデザート
☆フルーツ・野菜・花
☆おもてなし・パーティー
☆雑貨・愛用品
☆カービング(ケサラック)
☆タイで料理スクール
☆街歩き(写真)
★タイ・レストラン(タイ)
★タイ・レストラン(western)
★タイ・レストラン(中華)
★タイ・レストラン(和食)
★タイ・レストラン(Asian)
★タイ・カフェ・Bar
★タイ・ローカルフード
★タイ・生活・文化
★タイ・観光(日帰り)
★タイ・国内旅行(宿泊)
★タイ・博物館・水族館
★タイ・イベント・その他
政情・災害(震災・洪水・治安)
◆KL・ローカルフード・屋台
◆KL・レストラン(マレー)
◆KL・レストラン(日本食)
◆KL・レストラン(中華)
◆KL・レストラン(Asian)
◆KL・レストラン(Western)
◆KL・レストラン(スイーツ)
◆観光(マレーシア)
◆イベント(マレーシア)
◆マレーシアの文化・生活
◇旅行(マレーシア)
◇旅行(シンガポール)
◇旅行(KLからタイ)
◇旅行(ベトナム)
◇旅行(ネパール)
◇旅行(中国)
◇旅行(香港)
◇旅行(スリランカ)
◇旅行(インドネシア)
◇旅行(ラオス)
◇旅行(マカオ)
◇旅行(インド)
◇旅行(モロッコ)
◇一時帰国(日本)

リンクフリーです。
リンク後、ご一報、お願いします。
コメントは、承認制とさせていただいております。
記事と関係がないものは、 こちらの判断で削除させて頂きます。
写真・文章の無断転載を禁止します。


最新の記事

ブログ引越しのお知らせ
at 2014-07-04 00:00
帰国
at 2014-07-03 00:02
空港へ
at 2014-07-03 00:01
長い一日
at 2014-07-03 00:00
チャンビールで乾杯!
at 2014-07-02 00:00

フォロー中のブログ

エミリアからの便り
コック家の生活 in フ...
グンジ家の食卓
福岡主婦の旅。食。生活。
黒い森の白いくまさん
CATCH THE WIND
ブータン便り

以前の記事

2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

タグ

(107)
(97)
(70)
(65)
(30)
(29)
(23)
(21)
(21)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。