カテゴリ:★タイ・博物館・水族館( 7 )

Siam Ocean World Bangkok

b0172211_1036132.jpg


10月の写真講座の実習は、

Siam Paragonの地下の水族館、

Siam Ocean World







b0172211_1036228.jpg


こういう所は、小さい子供がいないと中々来ないですが、

大人でも楽しめました。






b0172211_10364397.jpg


クラブタイランドの前売りはB400

Siam Ocean World








[PR]
by mimpian | 2013-10-11 00:00 | ★タイ・博物館・水族館

Museum of Floral Culture

b0172211_10352291.jpg


ドゥシット地区に昨年オープンした『Museum of Floral Culture 』。

フラワーアーティストのサクン・インタクン氏により

古民家を改装して建てられた。






b0172211_1004040.jpg


博物館のガイドツアーの後、

雨上がりの庭園を散策。









b0172211_1201067.jpg


最後にタイの伝統的なお菓子でティータイム。







[PR]
by mimpian | 2013-09-13 00:00 | ★タイ・博物館・水族館

国立博物館

b0172211_14205121.jpg


三月に続き2回目の国立博物館。

写真のメンバーの方が計画してくれました。

今回もボランティアガイドツアーに参加。

夏休み中で、日本からの観光客の方々もたくさん。

20人以上いて、途中から半分に分かれて、

説明をして下さいました。






b0172211_14211089.jpg
プッタイサワン仏殿

美しい壁画、

仏陀の生涯が描かれている。



暑くて、汗だく。

帰りは、サイアムスクエアまでタクシーで戻り、

辛いタイ料理を食べて帰りました。




[PR]
by mimpian | 2012-08-01 00:00 | ★タイ・博物館・水族館

3つの頭を持つゾウの博物館

バンコクの隣サムットプラカンにある

『エラワンミュージアム』を訪ねました。
b0172211_937363.jpg



車窓から見える『3つの頭を持つ巨大な象』、

以前から気になっていました。


入って先ず驚くのは、

このステンドグラスのドーム。

世界地図と星座が描かれている。






b0172211_9371083.jpg

エラワン博物館の外観


エラワン象とは、

ヒンドゥー神話に出てくる動物で、

自由に宇宙を駆け巡るという意思の象徴。




b0172211_9373386.jpg



ドームの中へ。

鮮やかな色合い部分は、

ベンジャロン焼きを砕いたものを

張り付けている。




b0172211_9374342.jpg



どれもきらびやかです。


土台部分は内部が空洞になっており、

地下には、

タイや中国の古美術品が展示。



b0172211_9423669.jpg



螺旋階段とエレベーターで、

ゾウの内部へ。

光が差さない静寂な空間。

仏像が正面に立っている。

左右に並ぶ歴史ある仏像は撮影禁止。



b0172211_939470.jpg



外のお参りコーナー。





b0172211_9393257.jpg



お供え物や、

お線香を持って、

絶え間なく人々が訪れる。






b0172211_1026013.jpg



象を取り巻く庭園と

遊歩道。





b0172211_9403733.jpg




≪エラワンミュージアム≫
「ムアン ボラーン」や
パタヤの「サンクチュアリオブトゥルース」同様、
ベンツトンローグループ財団が運営。

園内にはコーヒーショップやお土産店も。

入場料、外国人300B
(タイ人は150バーツ)
外国人でもタイのワークパーミットを所持していると
タイ人料金で入園可能なようです。










[PR]
by mimpian | 2012-06-04 00:00 | ★タイ・博物館・水族館

遊園地のような博物館

b0172211_2113011.jpg


ハイテクを駆使した『ラッタナコーシン・エキシビションホール』。

エンターテイメントの要素がたっぷり。

楽しみながら歴史や文化が学べます。






b0172211_212846.jpg


入場料は、100B

レンタルのイヤホンガイド(英語)は無料ですが、

貸出の時にデポジットが必要。

返却時にレセプションで返金。







b0172211_2122534.jpg


館内は、ツアーで巡る。

船に乗ったり、シアターに入ったりと、

年配の方々も興奮気味。

3Dを採用。






b0172211_10561084.jpg


全部で9つの展示室がある。






b0172211_2125657.jpg



Rattanakosin Exhibition Hall
100 Ratchadamnoen Klang Rd.

www.nitasrattanakosin.com







b0172211_21254886.jpg



見学の後は、『True Coffee』でコーヒータイム。

タイらしいグリーンカレーのパイと一緒に。












[PR]
by mimpian | 2012-05-25 00:01 | ★タイ・博物館・水族館

国立博物館

初めて国立博物館へ行ってきました。

BTSナショナルスタジアムからタクシーで約15分。

王宮前広場の迎え、タマサート大学の隣に位置します。



b0172211_18215650.jpg




今回は、日本語ガイドツアーに参加しました。

入館料 200B。 

チケットを買って9時30分開始








b0172211_18222435.jpg


博物館の建物は、

1782年に現チャクリー王朝の副王の宮殿として建てられたもので、

礼拝堂・歴史館・展示室・葬儀の間などが見学できます。









b0172211_182240100.jpg



説明してくださるのは、

仏陀の生涯を描いた壁画、

仏像・ヒンドゥー神像などの宗教美術品、

伝統工芸品、王家の葬儀などについて。 


この日は10人以上の方が参加されていました。









b0172211_182356.jpg


展示室は、帰りに迷ったくらい複雑につながり、

中央には、蓮やプルメリアの花が咲く中庭があります。








b0172211_18232168.jpg
学生さんが中で展示物のスケッチをしていました。




ボランティアガイドのみなさんのおかげで、

概要はわかりましたが、

見所がたくさんあって、

全部理解するには何度も足を運ばないといけないですね。



次回は、涼しい時期に。












[PR]
by mimpian | 2012-03-08 00:00 | ★タイ・博物館・水族館

古民家の博物館



b0172211_1656271.jpg



ジャルンクルン通りsoi43に『バンコク人博物館』がある。

ワラーポーン・スラワディーさんが母から相続した家屋を

2004年にバンコク都に譲渡し、

住み続けたまま博物館として公開している。








ヨーロッパとタイを融合した木造建築。

1937年に建てられた住居、

母アサーンさんの夫、

フランシス・クリスチャン医師の医療器具の資料館、

ギャラリースペースを見学することができる。








b0172211_16563965.jpg


日常使われていた食器・茶器・クリスタルの数々。








b0172211_1657033.jpg


リビングルーム 



古い型の冷蔵庫も当時のままに置かれている。









b0172211_16571222.jpg









b0172211_16573133.jpg


ベッドルーム








b0172211_1657472.jpg


書斎



きれいに整備された庭は、風が吹きぬけて涼やか。 

暑い時期、博物館巡りは、打ってつけですね。 

2階建のギャラリーも見所がたくさん。   







b0172211_17192459.jpg



Bangkokian Museum

273 Soi Charoenkrung 43,

Charoenkrung Rd.

02-2337027


月・火休み 10:00-16:00

入場無料










[PR]
by mimpian | 2012-02-24 00:00 | ★タイ・博物館・水族館


水があれば魚がいる。どこに住んでも、そこには こころの糧がある。ジャカルタ、クアラルンプールを経て、2010年5月バンコクへ。日々のあれこれを綴っています。


by mimpian

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

全体
☆家族のあれこれ
・・・バンコク転勤
・・・本帰国
☆我が家のごはん
☆夫のお弁当
☆手作りデザート
☆フルーツ・野菜・花
☆おもてなし・パーティー
☆雑貨・愛用品
☆カービング(ケサラック)
☆タイで料理スクール
☆街歩き(写真)
★タイ・レストラン(タイ)
★タイ・レストラン(western)
★タイ・レストラン(中華)
★タイ・レストラン(和食)
★タイ・レストラン(Asian)
★タイ・カフェ・Bar
★タイ・ローカルフード
★タイ・生活・文化
★タイ・観光(日帰り)
★タイ・国内旅行(宿泊)
★タイ・博物館・水族館
★タイ・イベント・その他
政情・災害(震災・洪水・治安)
◆KL・ローカルフード・屋台
◆KL・レストラン(マレー)
◆KL・レストラン(日本食)
◆KL・レストラン(中華)
◆KL・レストラン(Asian)
◆KL・レストラン(Western)
◆KL・レストラン(スイーツ)
◆観光(マレーシア)
◆イベント(マレーシア)
◆マレーシアの文化・生活
◇旅行(マレーシア)
◇旅行(シンガポール)
◇旅行(KLからタイ)
◇旅行(ベトナム)
◇旅行(ネパール)
◇旅行(中国)
◇旅行(香港)
◇旅行(スリランカ)
◇旅行(インドネシア)
◇旅行(ラオス)
◇旅行(マカオ)
◇旅行(インド)
◇旅行(モロッコ)
◇一時帰国(日本)

リンクフリーです。
リンク後、ご一報、お願いします。
コメントは、承認制とさせていただいております。
記事と関係がないものは、 こちらの判断で削除させて頂きます。
写真・文章の無断転載を禁止します。


最新の記事

ブログ引越しのお知らせ
at 2014-07-04 00:00
帰国
at 2014-07-03 00:02
空港へ
at 2014-07-03 00:01
長い一日
at 2014-07-03 00:00
チャンビールで乾杯!
at 2014-07-02 00:00

フォロー中のブログ

エミリアからの便り
ばーさんがじーさんに作る食卓
コック家の生活 in フ...
グンジ家の食卓
福岡主婦の旅。食。生活。
ゆららんぱさラン
黒い森の白いくまさん
ごはんの時間 ++気まぐ...
CATCH THE WIND
ブータン便り
バンコク mellow ...

以前の記事

2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

タグ

(107)
(97)
(70)
(65)
(30)
(29)
(23)
(21)
(21)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。