カテゴリ:★タイ・国内旅行(宿泊)( 27 )

夏休み

王妃陛下のお誕生日、バンコク都内のホテルで過ごしました。


b0172211_9375548.jpg
カップルで・・・








b0172211_9383654.jpg
家族で・・・








b0172211_9432499.jpg
転ばないで







b0172211_9394992.jpg
本格的に降り始めました








by mimpian | 2013-08-12 00:00 | ★タイ・国内旅行(宿泊)

ホアヒンへ ②

b0172211_0123368.jpg


二日目の朝、

少し早起きしてビーチへ。

空を見上げると、厚い雲。

朝日は期待できないかなと思っていたら、

時間が経つごとに空が明るくなってきました。







b0172211_010243.jpg


托鉢をする僧侶が次々に歩いて来ます。







b0172211_093849.jpg


タンブンする若いカップル。

僧侶から嬉しいお言葉を頂いたのか、

男性が思わずガッツポーズ(*^^*)






b0172211_010493.jpg


ホアヒンは、古くから王室の保養地として発展したところなので、

乗馬を楽しむ人々をたくさん見かける。



ビーチにいると、

観光客目当てに「400バーツ」と近寄って来る。

馬おじさんもいます。







b0172211_01129.jpg


女性の僧侶






b0172211_0112226.jpg


朝食を済ませ、少し休んでから散歩に出かけたら

強烈な日差し。

ジリジリ肌が焼けるのがわかります。






b0172211_0114449.jpg


プールサイドでしばらくのんびり。






b0172211_0115939.jpg


少し泳いで、

午後、バンコクへ向けて出発。

by mimpian | 2013-05-25 00:01 | ★タイ・国内旅行(宿泊)

ホアヒンへ ①

b0172211_20113143.jpg


5月24日は、ヴィサカブーチャ (仏誕節)の祝日。

三連休になったので、ホアヒンへ旅行に出かけました。

昨年のお正月、家族で訪れて以来一年半ぶり。



【ヴィサカブーチャ (仏誕節)とは】
お釈迦様が誕生した日・悟りを開いた日・入滅した日でもある。
奇跡的にこの三つが重なったので、
仏教上最も大切な日とされている。







b0172211_20171749.jpg


ホテルにチェックインした途端、激しい雨に。






b0172211_20104832.jpg


雨が上がるまで、レストランで食事をしながら海を眺めていました。






b0172211_20115068.jpg


夕方、ホテルのビーチへ。






b0172211_20121218.jpg


遠浅のビーチをジョギングする人・乗馬の家族、

食べ物を売る屋台も通り過ぎて行きます。

リゾートとは言え、そこはタイらしい風景・・・。






b0172211_20122455.jpg


アタリメだ。

干しイカを炭火で炙り、

ごまをまぶしながらローラーで

繰り返し薄く伸ばして食べやすくしてくれる。

辛いタレを付けて食べるとビールにぴったり。







b0172211_20123953.jpg


さっきのおじさんが小さく見える。

人影もまばらになって、そろそろ店じまい?






b0172211_20125745.jpg


暗くなり始めたのでBeach Barへ。

ギターの演奏も始まりました。






b0172211_2013217.jpg








b0172211_20135786.jpg









b0172211_20225660.jpg


一日目は、ホテルに着いてから飲みっぱなし。

お天気が悪かった分、涼しくてのんびりできました。


プールはまた明日!

by mimpian | 2013-05-25 00:00 | ★タイ・国内旅行(宿泊)

Sukhothai ⑨ クイティアオ・スコータイ

b0172211_12175292.jpg


スコータイで最後の食事は、『クイティアオ・スコータイ』。

博物館でおいしいお店を紹介して頂きました。



b0172211_1219426.jpg


地元の人々でにぎわう人気店だそうです。





b0172211_12182212.jpg


入口に置いてあった「ミアンカム」が気になって買ってみました。

バナナの葉できれいに巻かれたものが7個で10B。




b0172211_12183880.jpg


バイ・チャップルーという葉に

干しエビ、ココナッツ、ピーナッツ、ショウガ、ライム、唐辛子などを

甘いタレと一緒に包んだお菓子。





b0172211_12192195.jpg


こちらが、名物「クイティアオ・スコータイ」。

よく混ぜて・・・。





b0172211_121938100.jpg


特徴はピーナッツ、インゲン、たっぷりの椰子砂糖が入り、

マナーオを搾ってい頂く。

タイ料理の三要素甘味、酸味、辛味が

うまくマッチしていておいしい。





b0172211_12195581.jpg


夫は一杯では物足らず、

スープ入りの麺、『クイティアオ・スコータイ・トムヤム』を追加で注文。

わたしもしっかり頂きました。





b0172211_1220932.jpg


お店の奥さんがメガネを外してポーズ!





b0172211_12202217.jpg

お土産は、ナコンサワンの露天で買った「ファラン(グァバ)」。








お腹も一杯になり、後はバンコクへ戻るだけ。

案内して下さった方を家まで送った際、

ご家族総出で、

クルアイ・カイという小さなバナナとスコータイのお菓子で

おもてなしを頂き、

「来年は、満月の夜にいらして下さい」とうれしいお言葉。

温かい笑顔に見送られ、スコータイを後にしました。







by mimpian | 2012-11-25 00:02 | ★タイ・国内旅行(宿泊)

Sukhothai ⑧ Gold Textile Museum

b0172211_1157526.jpg


最後にお願いして連れて行って頂いたのが、

こちらの博物館。

元教師だったオーナーが収集した

タイプアン族に代々伝わる織物が展示されている。





b0172211_11575856.jpg


なかでも金の糸で織られた布の展示がその目玉。

オーナーが館内の説明をしてくれました。





b0172211_11583579.jpg


織物のデモンストレーション

庭先でおばあちゃんが、

首に巻くショールを織っていました。


併設されているショップでゾウ柄の布を購入。








by mimpian | 2012-11-25 00:01 | ★タイ・国内旅行(宿泊)

Sukhothai ⑦ シーサッチャナライ遺跡

翌日の朝、スコータイ市内から北へ約50Km、

ヨム川沿いに広がる遺跡数が200以上にのぼる

シーサッチャナライ遺跡公園へ向かいました。

b0172211_11253394.jpg


ワット・チャーン・ローム






b0172211_11253926.jpg


ラームカムヘン大王の命により、

13世紀に建てられた寺院で、

城壁内のちょうど中央に位置する。





b0172211_1126330.jpg


ここまで足を延ばす観光客は少ないようで、

人影はまばら。

緑が一杯で気持ちいい空間です。






b0172211_1126867.jpg


崩れかかった38頭のゾウの像に支えられた正方形の台座に、

スリランカ様式の釣鐘型仏像が立っている。







b0172211_11263557.jpg










b0172211_11265259.jpg


ワット・チェディ・チェット・テーオ

7種のチェディ(仏塔)がある寺院。

チェディはこの土地を支配した各王朝の文化の変遷を示すように、

ヒンドゥー教や大乗、テラワーダ(大乗仏教に対する伝統的仏教)の各仏教、

ラーンナー・タイ様式など変化に富んでいる。





b0172211_11273462.jpg


ワット・ナーン・パヤ―

西側の壁にある美しい浮き彫りが有名。

植物のつるがモチーフ。







by mimpian | 2012-11-25 00:00 | ★タイ・国内旅行(宿泊)

Sukhothai ⑥ ローイクラトン祭り 2

b0172211_1453125.jpg


8時から光とサウンドを駆使した歴史劇が開演。

ワット・マハタートを舞台に繰り広げられる。






b0172211_1455615.jpg


出演者は、地元の専門学校生を中心としたスコータイの人々。






b0172211_146410.jpg


ショーのクライマックスは、コムローイと花火。





b0172211_1462933.jpg


アユタヤの世界遺産祭り も見ましたが、

どちらも遜色ないくらい素晴らしい。

本番は、もっとたくさんの観光客が押し寄せるのだろうな。




b0172211_13594280.jpg


たくさんの屋台が出て大賑わい。






b0172211_14441554.jpg


素敵な器に入った飲み物。






b0172211_14442812.jpg


ポットの中は、お菓子だそうです。







b0172211_14445916.jpg


大きなお煎餅。






b0172211_14503115.jpg


最後に遺跡公園の中をぐるっと一周。

幻想的な光の風景を頭に焼き付けて

ホテルへ戻りました。








by mimpian | 2012-11-24 00:05 | ★タイ・国内旅行(宿泊)

Sukhothai ⑤ ローイクラトン祭り 1

b0172211_13592492.jpg


8時からのショーに合わせて、再び遺跡公園へ。

ローイクラトン祭りの本番は、

旧暦の12月の満月の夜(今年は11月28日)ですが、

この週末、一足早く本番と同じようなイベントが開催された。






b0172211_140613.jpg


地元の家族連れや観光客が

「コムローイ(和紙で作った熱気球)」を上げていました。

かわいい男の子達のコムローイ、

なかなかふわぁ~と上がって行きません。





b0172211_1404031.jpg


夫が上の折れている部分を直してあげて

再びトライ!






b0172211_1405077.jpg


願いを込めて、

ふぅわ~ふぅわ~上がって行きました。






b0172211_141158.jpg


世界遺産の遺跡の上に無数のコムローイ。






b0172211_14181571.jpg


幻想的な風景。





b0172211_14185441.jpg


次は、ローイクラトン。

クラトーン(燈篭)を流して、

収穫に感謝し、水の神に祈りをささげ、罪を謝罪する。






b0172211_14212857.jpg


実はこのクラトーン、知り合いのおばあちゃんが作って

ホテルに届けてくれました。






b0172211_14215090.jpg


クラトーン作りの名人。

バナナの葉や蓮の花を折って作っています。





b0172211_14483194.jpg


夫と二人、

水の女神に合掌して、

浮かべたのですが・・・・。

夫のクラトーンが、ひっくり返ってしまいました。

謝罪することが多すぎて重くなっちゃったのかな・・・なんて(笑)








by mimpian | 2012-11-24 00:04 | ★タイ・国内旅行(宿泊)

Sukhothai ④ ホテル

b0172211_1352396.jpg


観光をした後、

遺跡公園から車で5分くらいのところにあるホテルにチェックイン。

夜に向けて、ひと休み。




b0172211_13535748.jpg


ホテルの中も外もローイクラトン一色。

ウェルカムドリンクは、

かわいいバナナの葉っぱの傘をかぶったレモングラスティー。







b0172211_13542191.jpg


館内ではパーティが開かれ、踊りの行列が練り歩く。

宿泊客も一緒に踊っています。






b0172211_17161684.jpg


夕食は、ホテル内のレストランで一般的なタイ料理のセットメニュー。




b0172211_13551771.jpg


一つだけ珍しかったのがこちらの「カレー」。

具は、エビ、スイカ・メロン・パイナップル・・・。

う~ン、具は甘くて、スープは辛い。

名物なのかとタイ人の方に聞いてみたら

「初めて・・・」だと笑っていました。







b0172211_1719331.jpg


夕食時は大雨が降りましたが、

ラッキーなことにショーに出かける時間には、

すっかり止んで涼しくなりました。








by mimpian | 2012-11-24 00:03 | ★タイ・国内旅行(宿泊)

Sukhothai ③ 遺跡公園 2

b0172211_10382843.jpg


歴史公園内でもっとも大きい王室寺院

「ワット・マハタート(Wat Mahathat)」へ。






b0172211_10385884.jpg


上座部仏教を信仰する国々では仏舎利(マハタート:お釈迦さまの遺骨や遺灰)を祀る習慣が古くからあり、どの王朝にもその仏舎利を納める寺院(ワット・マハタート)が必ず建立されている。
スコータイ最古の碑文によると「スコータイの中心には礼拝堂あり、黄金色の仏像あり、アッタロット仏あり……」と刻まれているように、マハタート寺院の境内には、さまざまな仏塔や礼拝堂があった。
現在、アッタロット仏や北側の坐像は残っているが、本堂にあったご本尊は、ラーマ1世(在位1782–1809)によってバンコク王朝のワット・スタットに移されている。

(タイ国政府観光庁webより)








b0172211_10393354.jpg


長い耳はスコータイ時代の仏像の特徴。 

どこか親しみのあるやさしいお顔。






b0172211_10395316.jpg


「ワット・シ―・サワイ(Wat Sri Sawai)」

ロッブリー様式のプラーン(クメール式の仏塔)を持つ寺院。

もともとは、ヒンドゥー教の神殿として建立されたが、

後に仏教寺院となった。






b0172211_10405962.jpg


「ワット・シーチュム(Wat Sri Chum)」

スコータイを象徴する「アチャナ仏」が祀られている。





b0172211_10411874.jpg


高さ15メートル、幅11.30メートルの大仏「アチャナ」は、

「動かぬもの、変わらぬもの」という意味のバリ語で、

まさにいまも変わらず、このスコータイの町を見守っている。






b0172211_10413852.jpg


大きな木がそびえています。

瞼の塗装がはげているので、

遠くから見ると目の大きな仏像だと思いますが、

近付いて見るときりりとした目が見えます。

案内して下さった方も

このお寺が大好きだとおっしゃっていました。







b0172211_1042173.jpg


夜のショーに備え、大掛かりなライトの設営中。








by mimpian | 2012-11-24 00:02 | ★タイ・国内旅行(宿泊)


水があれば魚がいる。どこに住んでも、そこには こころの糧がある。ジャカルタ、クアラルンプールを経て、2010年5月バンコクへ。日々のあれこれを綴っています。


by mimpian

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

カテゴリ

全体
☆家族のあれこれ
・・・バンコク転勤
・・・本帰国
☆我が家のごはん
☆夫のお弁当
☆手作りデザート
☆フルーツ・野菜・花
☆おもてなし・パーティー
☆雑貨・愛用品
☆カービング(ケサラック)
☆タイで料理スクール
☆街歩き(写真)
★タイ・レストラン(タイ)
★タイ・レストラン(western)
★タイ・レストラン(中華)
★タイ・レストラン(和食)
★タイ・レストラン(Asian)
★タイ・カフェ・Bar
★タイ・ローカルフード
★タイ・生活・文化
★タイ・観光(日帰り)
★タイ・国内旅行(宿泊)
★タイ・博物館・水族館
★タイ・イベント・その他
政情・災害(震災・洪水・治安)
◆KL・ローカルフード・屋台
◆KL・レストラン(マレー)
◆KL・レストラン(日本食)
◆KL・レストラン(中華)
◆KL・レストラン(Asian)
◆KL・レストラン(Western)
◆KL・レストラン(スイーツ)
◆観光(マレーシア)
◆イベント(マレーシア)
◆マレーシアの文化・生活
◇旅行(マレーシア)
◇旅行(シンガポール)
◇旅行(KLからタイ)
◇旅行(ベトナム)
◇旅行(ネパール)
◇旅行(中国)
◇旅行(香港)
◇旅行(スリランカ)
◇旅行(インドネシア)
◇旅行(ラオス)
◇旅行(マカオ)
◇旅行(インド)
◇旅行(モロッコ)
◇一時帰国(日本)

リンクフリーです。
リンク後、ご一報、お願いします。
コメントは、承認制とさせていただいております。
記事と関係がないものは、 こちらの判断で削除させて頂きます。
写真・文章の無断転載を禁止します。


最新の記事

ブログ引越しのお知らせ
at 2014-07-04 00:00
帰国
at 2014-07-03 00:02
空港へ
at 2014-07-03 00:01
長い一日
at 2014-07-03 00:00
チャンビールで乾杯!
at 2014-07-02 00:00

フォロー中のブログ

エミリアからの便り
コック家の生活 in フ...
グンジ家の食卓
福岡主婦の旅。食。生活。
黒い森の白いくまさん
CATCH THE WIND
ブータン便り

以前の記事

2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

タグ

(107)
(97)
(70)
(65)
(30)
(29)
(23)
(21)
(21)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。